Facility Guide 施設紹介 平田病院
1階にほとんどの機能を配置し、外来患者さまが利用しやすい環境になっています。

H23年12月に完了した耐震・改修工事で、これまでの古くて暗いイメージを刷新し、明るく、すっきりとした雰囲気に生まれ変わりました。各階ごとにテーマカラーを決め、従来の病院にはない色合いやモダンなデザインを取り入れることで、患者さまもお見舞いに来られた方も、心地よく、元気が湧いてくるような空間です。1Fに手術室、療養施設、リハビリテーション室以外を設置し、外来の患者さまが利用しやすい環境にもなっています。

1F

受付・待合室

 ベージュとブラウンを基調にし、建築デザイナーがセレクトしたこだわりの家具でコーディネート。ホテルのようにモダンで、落ち着ける空間にしつらえました。時々雑貨やディスプレイで雰囲気をかえて、季節感を演出しています。

診察室1

診察室

診察室は2室。症状や生活習慣、食生活まで患者さまの話をじっくり伺いながら、個人に合わせた治療法を一緒に見つけていきます。診察時間は、月~金曜の9:00~17:30、土曜の9:00~12:30となります。平日はお昼休みなしで診察しています。

物療室

物療室

 5Fリハビリテーション室とは別に、1Fに簡単な物理療法のフロアを設けています。主に、肩こりや腰痛の患者さまに、マッサージ(手技)、ウォーターベッド、ローラーベッド、リクライニングマッサージチェアなどで痛みをほぐしていただきながら、心身のリラックスをしていただくスペースです。

検査室、レントゲン室

 レントゲン技師によるX線レントゲン写真で、骨とその周辺の状態を正確に検査します。他にも、血液検査、心電図、健康診断も行っています。

  • 待合室
  • 物療室
  • 薬局

2F

一般病棟
 2~4Fまで病室は全て日当りのよい南向きで、全室トイレ、TV付き。2Fのテーマカラーである爽やかな「ピスタチオグリーン」が、フロアや病室内のアクセントになっています。ベッドは20床で個室、2人部屋、3人部屋を設けておりますが、全ての病室に差額ベッド代は一切かかりません。患者さま同士やお見舞いに来られた方が自由に使える談話室や、ナースステーションも完備しています。また、食事は院内の給食室で手作りしており、メニューが豊富、できたてでおいしい、とご好評をいただいています。
手術室

 手技、物理療法、薬物療法で効果がえられない場合の治療を行う施設です。神経圧迫が起こっている部分への局所麻酔注射で痛みを和らげる「神経ブロック」、また、骨折などには、局所麻酔、伝達麻酔で可能な小手術も実施しています。

3F 4F

医療介護療養病棟

 介護が必要な方や看護必要度の高い方の為に、各病室に酸素・吸引設備を整え、フロア内にナースステーション、週2回の入浴が可能な大浴場を完備しています。
 ベッドは3Fに28床、4Fに20床で個室、2人部屋、4人部屋をご用意しており、どの部屋もゆったり広々。また、3Fはシチリアレモン、4Fはマンダリンオレンジをテーマカラーにし、患者さまが元気になれるようなビタミンカラーを採用しました。退院後の生活についても、ケアマネージャー、ソーシャルワーカーが丁寧にご相談に応じています。

5F

リハビリテーション室

 見晴らしがよく広々とした開放的なスペースで、夏には鏡川の花火大会も見られます。こちらでは、歩行訓練や関節可動域訓練などの運動療法、電気や熱などのエネルギーを利用した物理療法、スタッフの手による手技療法、作業療法を行うスタッフ、設備が揃います。また、季節の行事やレクリエーションを通して、患者さま同士の楽しい交流の場にもなっています。外来の方のご利用も当院の診察時間内で可能です(※お急ぎの方はご予約を)。